読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

はてブロねだり

2/19で32歳になった。祝いの品はこちらから。よろしくお願いします。

生日当日は『スパイス・ガーデン』でランチのポーク・カレーを食べ、六花亭本店喫茶室にて誕生日サービス(飲み物とケーキが一品ずつ無料)を受けたあとはひたすら手元のCDをリッピングしていた。暇つぶしに駿河屋のセールを覗く、という癖を改めなければいつかCDだけで家が建ってしまうことになる。

本奈々未、卒業。巷で言われているようなことではあるが、僕もまだサヨナラに強くなることができないでいる。しかし、おめでとうございます。お互いに、良い未来を。

週のお題「何して遊んだ?」ということで書いてみる。子供の頃からインドア一辺倒……というわけではなく、家の周辺を駆け回って遊んだりしていた。今となっては危ないな、と思ったりするものの、屋根から落ちた氷の上を歩き回ったり(アクションゲームみたいで楽しかった)、バドミントンをしても筋肉痛にならなかった頃の話。

日のCD。

Dancing on the Water

Dancing on the Water

 

Bob James『Dancing On The Water』

アメリカのピアニストによるアルバム。2001年発表。名前ぐらいしかまともに知らず、ほぼジャケ買いしてみたのだがとても良かった。ソロ・ピアノをベースに曲によってサックス/ギター/ベースのささやかな客演、そして松居慶子とのピアノ連弾が収められているのだが、これが完全にAsturiasを想起させるもの。バンドのピアニストである川越氏ぽい、という話のみならず、Asturiasのレパートリーをピアノ・アレンジしたかのような印象がある。勿論ジャズ・ピアノではあるし編成も全然違うのだが、スムースでありながら俗っぽくならない高揚感があるところなんか似ている、と思う。単純に、生活のBGM的に消費するもよし、じっくり聴いて浸るもよしの優れた作品集。お薦め。

www.youtube.com

はてブロメイト

ちらでの告知が遅れてしまったが、カクヨムにて連載『リビングデッド・ユースカルチャー』が現在第二回まで配信中。肩の力を抜きながらも己れのルーツと真っ直ぐに向き合った創作、にしたい。よろしくお願いします。

kakuyomu.jp

ックカフェ『岡書』、にて時間をつぶす(キルタイム)。ドトールのコーヒーとガナッシュを堪能しながらハーラン・エリスン『死の鳥』収録の名短編「プリティ・マギー・マネー・アイズ」や手島史詞の新刊(COMTAとのタッグ!)やレコ・コレ80年代クリムゾン特集などを読んで過ごす。ひとと待ち合わせをしていたのだが、この感じであれば何時間でも居られるな、と思ってしまった(店側としてはあまり良いものではないのだろうが)。休祝日の神経を逆なでる演奏会さえ無ければ本当に良い場所だ。

このところカレーづいている。『奥芝商店』のスープカレーを食す。感動。これまでスープカレーはSAMAが一番かと思っていたのだが、勝るとも劣らない(価格帯も概ね同じ)。調べてみると様々な土地に店舗がある『定番』のようだ。どちらもお薦め。他にもスリランカ料理『スパイス・ガーデン』にて初めてスリランカ・カレーを食し、その辛さとスパイスの妙味に痺れたり、豚丼以上に帯広民のソウル・フードたる『インデアン』にてカツカレーの中辛を食べたりも。なんだかんだでこれが一番落ち着く、というのは土地に根を張ってしまった証拠か。

日のCD。

ナゴミ・ハイツ

ナゴミ・ハイツ

 

V.A.『753812 ナゴミハイツ』

日本のコンピレーション。2015年発表。名古屋インディ・シーンを『宅録』というテーマで切り取ったもの、ということだがとても良かった。名古屋といえば小鳥美術館からDOIMOIまで様々なアーティストが居るわけだが、というかこの盤に関しても目的はDOIMOI杉山氏がやっているログメンが主目的だったのだが、収録曲「ステイルメイト」はなるほど素晴らしく、またアルバム中随一のねじれた楽曲で、単体での音源が楽しみになる出来だった。通して聴いてみてもおよそ真っ当、だとか普通、といったものから距離を置いたり、俯瞰で眺めたりしつつ、『いい曲』であることから逃げない作品しかなく、見事なコンピレーションであるとともに名古屋のインディ・シーンというものの恐ろしさを垣間見た気分だ。これは(DOIMOIではないが)名古屋に永住したくもなる。程よい脱力はまさに生活のBGM、しかし刺激的であることは忘れない名コンピ。値段、コスパ的にもお薦め。

www.youtube.com

はてブロラビリンス

週のお題「冬の寒さ対策」ということだが、一定のラインを越えてしまうとそんなものはない、ような気がする。せいぜい外出時にネックウォーマーを愛用している、ぐらいだろうか。

しぶりにアニメを観たくなったので『亜人ちゃんは語りたい』、『スクールガールストライカーズ』などを楽しく観ている。Amazonプライム(結局入り直した)が便利だ。

空文庫が楽しい。無料であるし、過去の名作に触れる良い機会だ。

広RESTにてtomorrow will be worse Vol.5というライブイベントを観に行く。全4バンドと個人的にちょうど良い尺で楽しめた。以下簡単に感想。

・Afrocentric551。初見。ギターレス(Dr./Ba./Key./Vo.)でポスト・フィシュマンズな音を鳴らすバンド。地元のバンドでここまで本格的にダブ・ポップが聴けるとは思わなかった。ドラムが替わったばかりということで少しばかり固く感じたが許容範囲内というか、それすらもライブのダイナミズムとして楽しめた。鍵盤の女の子がかわいい。

www.youtube.com

・A Quiet Evening

二度目。相変わらず鉄壁のバンド・アンサンブルでUSスタイルのエモを聴かせるいいバンドだ。今回は新曲で日本語詞なども飛び出し、アニソンにすら接近するかというキャッチーさで素直にグッときた。何度でも観たいし、次の音源がひたすら楽しみなバンドだ。3月に自主企画があるらしく、楽しみにしたい。

www.youtube.com

・Button Dawn

初見。フロム苫小牧。事前にPVで確認した際はもっとDOPING PANDAみたいなスタイルかと思っていたのだが、avengers in sci-fi的に弦をビヨビヨと鳴らすタイプのダンス・ロックだった。目新しくはないが迫力のアクトで、あまり好みではないながらもすっかりノセられてしまった。実力派だ。

www.youtube.com

・toilet

二度目。あらためてきちんと観たが、相当に変なバンドだ。At Ihe Drive-InがDevoをカヴァしたものを80年代ジャパニーズ・アングラパンクに漬け込んだ結果、System of a Downに少し似た、という感じだろうか。よくわからないだろうが、僕にもよくわからない。とにかく強烈なカオティック・ハードコア・パンクだった。彼らも3月に自主企画があるらしく、まだ調整中のようだが気になる名前が挙がっていたため時間を空けておこうと決意。

www.youtube.com

日のアルバム。

松井恵理子『にじようび。』

日本の女性声優による1stアルバム。2017年発表。良い。と、まず何よりも真っ先に言わなければならない、シンプルかつ真摯でクオリティの高い作品だ。こういった文句の出ようがない名盤を聴いてしまうと何も書けなくなってしまうというか、どんなことを書いても蛇足になってしまうのではないかと感じてしまう。特にラストを飾る本人作詞の「声」はもう、泣いてしまうかと思うぐらいに僕の理想が詰まった1曲だ。ただただ、名盤。

www.youtube.com

空ははてブロ仕掛け

駿河屋から中古CDが大量に届き、リッピング作業に追われていた。一定数リッピングしてはCDの山を移動する作業はなんだか中古レコード屋にでもなったかのようで、奇妙な充足感があった。あまり浸ってしまうのもまずい、とは思うが。

作小説の執筆を始める。タイトルは『セラミックユースカルチャー』、僕なりのメフィスト系作家への敬意と再解釈を込めたもの、にしたい。カクヨムにて連載、予定。

SLG『もえくり2』にハマる。普段はSLGをやらないのだが(昔少しだけスパロボに触れたぐらいだろうか)今作はキャラが可愛いのと、アナログゲーム、もっと言うとTCG的な質感がかなり気に入っている。『モンスターコレクションTCG』にハマっていた頃を思い出す。要望としては対人戦がやってみたいな、と思うのだがいろいろ難しいのだろう。

日のCD。

Things Discovered 【初回限定盤】

Things Discovered 【初回限定盤】

 

People In The Box『Things Discovered』

日本のバンドによる10周年企画盤。2017年発表。ディスク1には新曲1曲、旧曲の新録を3曲、各メンバーのプロデュースによるセッション的な楽曲が各1曲で3曲、という計7曲。ディスク2はメンバーがセレクトした過去音源12曲をリマスターしたベスト盤となっている。全体的に、なぜこうなったのか、音源を聴くだけだと謎が多い。新曲、新録くらいまでは納得なのだが、各メンバーがプロデュースしたセッションは全体的にジャズ的な面白みはあるものの、バンドとして番外的なものだと言えるし、ベスト盤の選曲もバランスがいいとは決して言えない。しかし初回盤付属のインタビューを読むに、各メンバープロデュースによるライブの手応え、そしてバンドの歴史を一枚にまとめることへの抵抗感(というか、不可能だ)といったことが書かれており、ようやく納得がいった。確かに、『Ghost Apple』はひとつの作品として分解したくない、という気持ちも理解できるし、逆に『Bird Hotel』は(個人的にはすごく好きなのだが)メンバー各人に思うところのある作品のようで、入らなかったのも納得がいく(折角なら何か再録しても良かったとは思うが)。PVのある楽曲が代表曲だというのならYouTubeで観れば良いのだし(ほぼほぼ上がっている)、『メンバーによる発信であるからには偏っていた方が良い』という主張にも説得力がある。元々録音の悪いバンドだとは思っていなかったが、リマスターの効果がはっきり出ていたので(特に「気球」には驚いた)他の過去曲でも聴いてみたい、という思いこそ消えないが、充実の記念盤ではあると思う。ファン・アイテム色が強いが、ディスク2のベスト盤などはここから入っても良いか、という気もする。試みの新しさも含め、ユニークな作品。初回盤付属の全歌詞集については、もう少し装丁に凝って欲しかった気はするが。

www.youtube.com

はてブロ、覚えていてくれ

くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

ストディスク2016。今回はジャンル分けなど特に気にせず16枚。

続きを読む

助演はてブロ賞

年もお世話になりました。来年も黒岡衛星/クローカ、ならびにサークルSurvival Sickness Cityをよろしくお願いします。

週のお題「2017年にやりたいこと」ということで書いてみる。引き続き小説を書く、というのはあるのだが、ネタが浮かばないので早く何か降りてきてほしい。他にもラップの練習やトラックメイキングの勉強、ベースを弾けるようになりたいなど、言い出したらきりが無い。怠惰であることとどのように折り合いをつけていくべきか。

AbemaTVで中継していた欅坂46初のワンマンライブを観る。最高。2月に再放送があるようなので、観逃したひとはそちらを。日本でいま最もガイナ立ちの似合うアイドルだ(いかにもオタクっぽい紹介をしてみた)。

BD-BOX『SKE48 MV COLLECTION ~箱推しの中身~』が届いたため観る。最高。自分にとってなんだかんだでホームはSKE48なのだろうか、と考えたりする。好きなMVは沢山あるのだが、「Darkness」での松井珠理奈が格好良くて好きだ。

www.youtube.com

日のCD。

土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」オリジナルサウンドトラック

土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」オリジナルサウンドトラック

 

スキャット後藤『土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」オリジナルサウンドトラック』

日本のコンポーザーによる連続ドラマのサウンドトラック。2016年発表。ドラマ本編はアイドル欅坂46主演による『死体をめぐるサスペンスフルなコメディ』という、よくわからなくも面白く、意義あるものだったのだがその劇伴も非常にインパクトが強い。基本はサスペンスドラマの優等生的なサウンド、なのだがそこにフリーキーなサックスや妙に暖かみのあるトロンボーンなどが絡み、打ち込みの中にもどこかNO WAVE的なユーモアを兼ね備えている。名前通りの(胡散臭い)スキャットや少女のコーラスなども効果的に配置され、とにかく楽しい一枚だ。サウンドだけを聴いて楽しめ、とはあまり言わないというか、やはりドラマ本編を観て欲しいと思うが(amazonプライムで配信中)、関連商品として、またNEW WAVE的な心を継承したサントラとして広く聴かれてほしい一作だ。

はてブロのカンガルー

題「私のブログ・ネット大賞2016」ということで、書いてみる。今年もSCSIDNIKUFESINさんの過去ログをよく読んだし、紹介されているCDもそこそこ聴けた。最近は更新頻度が落ちているのが残念だが、奈良まで氏のバンドであるDOIMOIを観に行き、本人に挨拶できた、というのは本当に嬉しかった。DOIMOIも好きなバンドで、僕の「カレンダー」という小説にタイトルと「小鳥」の歌詞をエピグラフとして引用させていただいたほどだ(PDF版のDL販売になってしまうが、ここここで読める)。

www.youtube.com

あとはアイドル、というか欅坂46のブログもよく読んだ。すっかりアイドルオタクだな、と思いつつもまだ1年ぐらいなので、生まれたてのひよこみたいなオタク感というか、二次元に関しては物心ついてずっとオタクだったためあまりそういう、「自分はオタクとしてまだまだ」みたいな感覚は新鮮かもしれない。

www.youtube.com

筆活動を11月までに終え(仕事納め、という表現がアマチュアにも当てはまるのかは知らないが)12月は遊ぶことにした。友人との忘年会や趣味の買い物納めなど、正月いっぱいぐらいまでは呆けている予定だ。

連して、久しぶりに『リサイクルブック』へと赴く。店名の通りの古書店ではあるがCDも取り扱っており、今後サエキけんぞう氏の近年の仕事なども取り扱う予定とのことで、『マッド・フレンチ・ジャパニーズ』などについてひとしきり盛り上がる。パステルズのシングル・コレクションを試聴したりしつつ、結局今回はCDを買わずエロ漫画を四冊ほど購入して店を後にした。帯広で最も文化的な施設はTSUTAYA西帯広店だと思っているが、その次ぐらいにお薦めしておきたい店だ。

日のCDその1。

極光 ?アット・ジ・エッジ・オブ・ザ・ワールド-

極光 ?アット・ジ・エッジ・オブ・ザ・ワールド-

 

Asturias『極光 -At the Edge of the World-』

日本のソロ・ユニットによる7枚目のアルバム。2016年発表。正直に、胸中を吐露してしまうならば「もういいのでは」と思っていた。アップ・トゥ・デイト的ではあったものの新しさを提示した『樹霊』、地続き、でありながらパーソナルな表現として成立していた『欠落』と来て、惰性になってしまうのでは、と思ってしまったからだ。そして、誤解を恐れずに言うのならば、その懸念は当たっている、ように思える。どこまでもクオリティは高く、しかし、今作が目指した特有の高み、のようなものは(少なくとも自分には)見つけられなかった。しかしだからと言って駄盤なのかというとまったくそういうことはなく、繰り返しになるが高いクオリティと、傑出したメロディ・センスが涙腺を強く刺激する。『プログレッシヴ・ロック』として新たな進化を見せた『樹霊』などに比べるとジャンル『プログレ』の名盤、となってしまったように思え、それは個人的には残念なのだが、きっとこの表現を愛する向きも居ると思うし、好みだろう、と片付けておきたい。どうしても今後の変化、を期待してしまうのだが。

www.youtube.com

日のCDその2。

エスケイプ・フロム・リアリティ(Escape From Reality)

エスケイプ・フロム・リアリティ(Escape From Reality)

 

Stella Lee Jones『Escape from Reality』

日本のバンドによる2ndアルバム。2016年発表。上記と関連して、ということになるだろうか。とにかく、化け物じみたバンドだし、新譜が出たというそれだけで事件、だろう。クラシカル、ジャジー、ミニマルなテクニックの活かし方、混ぜ方の手本にして最先端を見せつけつつ、親しみやすい表現は決して安っぽくない『今様のフュージョン・ミュージック』として激賞されるべきだ。『プログレ』として評価される以上に『(バンド演奏として)先進的なもの』として聴かれるべきであり、前作の評価を繰り返すが『今、最もプログレッシヴなバンド(の、ひとつ)』なのは間違いない。前作のように入手しづらくなってしまう前に、聴いておきたい。

www.youtube.com