読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

恋ははてブロのように

週のお題「お気に入りの一着」ということで考える。もともと僕は最低限みっともなくなければいい、という主義なので(服に限らず、だいたい身の回りはそんな感じだ)気に入っているのはどうしてもバンドTシャツなどになってしまう。特に2012年のフジロックでかろうじて買えたRefusedの『We want the airwaves back』Tシャツなどは宝物と言っていい。昔は面白Tシャツを集めたりもしたものだが、最近はあまりそういうこともしなくなった。年相応に落ち着いたということだろうか。そちらに回す資金が無くなっただけのような気もする。

steamにドハマりする。先日の、Vプリカ導入の際に気になっていたsteamを本格的に覗いてみたところ、面白そうなゲームがあまりにも安価に売られていて衝撃を受けた。ギフト機能などのコミュニケーションも楽しく、どうしてもっと早く踏み込まなかったのかという思いだ。折角ブログパーツがあるので、いくつかお薦めを挙げてみたい。

 

Waves

 ツインスティック・シューティングというジャンルがあるらしい(?)。球体の自機を左スティックで移動、右スティックで照準を定め、ショットは自動。ゲージが溜まったタイミングで周囲にボム、あとは回避のため動きを遅くすることもできる。それだけのシンプルな操作、短時間にサクッと遊べるものでありながら世界観に中毒性があり、ついつい触ってしまう。Qエンタテインメントのゲーム、『Every Extend Extra』あたりを想起しつつ、その先を感じさせる作品。

 

『ManaCollect』

マインスイーパに対戦型パズルの要素を加えたもの。『マジカルドロップ』とかあの辺の空気感(絵柄もそういった感じ)が心地よく、独特のシステムがクセになる。

 

『Blood Rayne Betrayal』

 遡ると10年以上前から続いているらしいシリーズの最新作(海外では人気があり、映画化もされているらしい。評判は良くないが)。今作は3作目にあたり、それまでのシステム(3Dアクション・アドベンチャー)から一転、『悪魔城ドラキュラ』フォロワーといった感のある探索型2Dアクションになっている。ボンクラ感あふれる世界観(棺桶のバカ格好良さたるや)、魅力的なヒロインに爽快感のある演出と個人的にはかなり好きなのだが、操作性に若干の癖があり、難易度の上昇が雑なので人は選ぶと思う。決して素晴らしいゲームでは無いかもしれないが、一度は触れてみてほしい。

(※残酷描写注意)

 

 『UBERMOSH (+Original Soundtrack)』

 キーボードで移動し、マウスで照準、攻撃を行う見下ろし型アクション。右クリックで刀を振るい敵の銃弾を跳ね返し、敵から銃を奪って左クリックで撃つ。90秒生き残るか、死ぬまでにどれだけの敵を倒せたかでスコア/ランクが決まる。ごくシンプル、かつ超難易度のため1ゲームがすぐに終わり、そもそも90秒すら生き残れないという有様なのだがこれが非常に面白い。ゲームそのものにグルーヴ感があり、撃って跳ね返して死んで、を繰り返しているうちにけっこうな時間が経ってしまう。また軽快かつ格好良いBGMが素晴らしく、現在サウンドトラック同梱版がセール中(価格が500mlペットボトルのジュース一本分!)なので薦めておく。

 

日のCD感想。

TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ」OPテーマ 「SAVIOR OF SONG」<蒼き鋼のアルペジオVer.>

TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ」OPテーマ 「SAVIOR OF SONG」<蒼き鋼のアルペジオVer.>

 

ナノ feat.MY FIRST STORY『SAVIOR OF SONG』(『蒼き鋼のアルペジオVer.』)

日本のシンガーとロックバンドによるコラボレーション楽曲を表題としたシングル。2013年発表。表題曲はいかにも今様のJ-ピコリーモ的ではあるが、改めてこういった楽曲とアニソンの親和性の高さに驚く。声質こそ近いものの、ナチュラル・バンドマン然としたMFSのシンガーと元・歌い手であるナノの属性の違いみたいなものが見えるのも面白い。とはいえ、今作の目玉はアルペジオ盤のみカップリングに収録の「SIlver Sky」なのではないかと思う。そもそも僕がナノを聴き始めたのは映画『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』を観た際にこの「Silver Sky」があまりにも良い曲、良い使われ方をしていたためなのだが、他楽曲がほとんど表題曲系のスクリーモ/ピコリーモ的で、悪くは無いのだがもっとこういうスケールの大きなバラードを歌ってもらいたい、と思った次第だ。僕はあまり歌手単位で好きなアーティスト、というのは居ないのだが、数少ない気に入ることが出来そうなシンガーとして今後の活動を楽しみにしている。

Silver Sky - ナノiTunes Storeへのリンク)