虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

Information

岡衛星(筆名)公式tumblr『クロノグラフになれなくて』はこちら。直近のイベント参加告知なども。

販用BOOTH展開中。

survivalsickness.booth.pm

現在扱っているのはサブカルチャー・ファンジン『CONSOMME CUBE』2冊、『百合姫』風の小説『かくれんぼか 鬼ごっこよ』、『百合/殺伐/音楽』のショート・ショート『Survival Sickness Demo Tracks Vol.01』、小説『あたらしい魔法e.p. 丙種魔法取扱者』、続編の『つづく光e.p. 乙種魔法取扱者』、『おわらない、 e.p. 甲種魔法取扱者』(最新作)それぞれ書籍版/DL販売(同内容)と、おかげさまで物理書籍は完売した『カレンダーガール』、『ガールズ・ワールズ・レコーディングス 黒岡春日作品集』のDL販売。試し読み用の無料デジタル小冊子『Survival Sickness City Sampler vol.01』もダウンロードできる。

はてブロが明けたら

い。

子書籍でハヤカワSFがセールをしていたため、まとめ買いする。一時期ハマって少し読んだものの、いまはあまり読まなくなってしまったため、この機会に復帰したいな、と思う。とはいえ、一番最初に手を付けた『ハヤカワ文庫SF総解説2000』だけで満腹になってしまいそうであり、危ない。 

いでに長谷敏司『戦略拠点32098 楽園』の電子書籍版が安かったので買い直す。随分昔に読んだ頃は、長谷敏司がここまで取り沙汰される作家になるとは思わなかった。長いこと、幻の作品と化していたことだし。いまは『円環少女』の合本版もkindleでセールをしていることだし(500円!)『BEATLESS』アニメ化に向けて波が来ているようだ。趣深い。

日のCD。

f:id:conspiracy:20111008081306j:plain

浅川マキ『スキャンダル 京大西部講堂1982』

日本の歌手による1982年のライブをCD化したもの。2011年発表。こんなCDが出ていたとは、そしていまでも手に入るとは知らなかった。一般的に「かもめ」、「夜が明けたら」といった初期のイメージが強いが(追悼の際、そればかりでうんざりしたくらい)80年台初頭のマキさんはノー・ウェイブなポスト・パンク色が強く、これもまた非常に格好良い。まずはアルバム『CAT NAP』でその完成度に触れてみてほしい、と思うのだが、今作はその収録手前にあたる公演を録音したもの。2枚組ではあるが47分程度という長さこそ少し驚くが(なぜ分けたのか)、ジャズにしても生々しい録音によって当時の浅川マキ、の壮絶さをとらえている。フリーキーなホーンやギターのトーン、スウィングするドラム、ベースはエレキと『82年のジャズ』を知るきっかけとしても良いのではないだろうか。現在、おそらく唯一であろう公式の映像が収録されたDVD『幻の男たち』も1984年の映像だったが、当時の浅川マキ、というのはマテリアルが残っている割に評価されていないように思う。全ディスコグラフィ、というか生き様、を通してすばらしい浅川マキというアーティストだが、中でもこの時期はロック・ファンにも取っ付きやすいのではないかと思う。お薦めだ。

通販はこちらから。

www.pignose.net

Hateblo Is A Minestrone

週のお題「芸術の秋」ということで書いてみる。とはいえ、秋だから何かをする、というのでもなく創作はしているし、そもそも僕が住んでいる地域では秋、というような気候はすぐに過ぎ去ってしまい、もう冬だ。あっという間に新年を迎える前に、書きかけの原稿、連載2本(片方は新、もう片方は再開)の準備をとっととしなければ。

海道COMITIA7に参加してきた。以下簡単に旅行記的なものを。

前日から札幌へ。運悪く友人がつかまらなかったため、ひとりでレコード店を回る。とはいえ、いまは棚にLPを増やせる余裕もあまりないし、取り回しの点からCDを買おうと思っていたのだが、いまはアナログ全盛であり、本当に文字通りの『レコード屋』ばかりでCDはおまけの棚、といった様子。いつかはCDも、いまのアナログのようになるのだろうか、そうだといいなと思いつつ、3枚ほど買い、4丁目のTSUTAYAでCDを30枚ほど借りた。今度は7インチでも探しに来ようかと思う。

当日。

後からサークル名の誤字に気づき赤面。ともあれ、友人や友人の友人を訪ねたり訪ねていただいたり、一般参加の方とのトークに花が咲いたりととても楽しいイベント参加となった。少しずつ北海道COMITIA内でのつながりも出来てきたし、続けてみるものだな、とつくづく思う。ありがとうございました。

イベント後は友人のM本君とお茶しながら音楽談義。最近すっかりハマっている札幌のオルタナ・シーンからアイドル、ヴィジュアル系などさまざまなジャンルに話が飛び、とても楽しい時間を過ごした。ダブってしまったCDを譲ってくれる、ということで、ゴス・ヴィジュアル系を中心にいろいろいただいた。もらうばかりでは申し訳ないので手元にあったクリームパンを渡す。いつも見かける度に買ってしまうスカパラの『FULL-TENSION BEATERS』を今度渡そうと決意する。先日三枚目の同アルバムが手元からうちのギターB氏に渡っていったばかりだが。

参加したイベント、旅行のなかでも特別に楽しいものになった。新刊に関しては通販やダウンロード販売も始まっているので、来られなかったという方もチェックしてみて欲しい。よろしくお願いします。

survivalsickness.booth.pm

日のアルバム。

Witchy Feelin'

Witchy Feelin'

 

Savoy Brown『Witchy Feelin'』

イギリスのバンドによる44枚目(おそらく)のアルバム。2017年発表。これは凄い。どう凄いかはまず、画像を見てもらえば一発でわかるのではないだろうか。結成50年を超える(ストーンズと同世代!)バンドがこのデス・メタルもかくやというジャケで2017年に新譜を出している。それだけでも僕としては尊敬してしまうのだが、サウンド面もなかなか。確かに、この壮絶なジャケに対して、音そのものは最早定番を過ぎて化石に近づきつつあるブルース・ロックなのだが、現代的な音像となるほど英国、というセンスは2017年の新譜として通用するし、何周もリバイバルを経た結果、『現代のブルース』としてクールなもの、に仕上がっているのではないだろうか。単純に、ロックのカッコ良さ、のスタンダードであろうし、半世紀を生きるロックの、ブルースの無冠の帝王が今なお存在感をもって新譜を出し、現役のバンドとして若手と渡り合っている。それが純粋にサウンドによるもの、とは言い切れないのかもしれないが、感動してしまった。お薦め。

www.youtube.com

 

HATEBLO RELAX

広Restにてtoilet Presents SUPER RELAXというライブを観てきた。計9バンドにDJも2人入って、メンツ、内容ともに帯広最大のフェス、と言って良い内容だったと思う(翌日にはメンツを変えて札幌でもやったのだが、そちらは未参加)。

開場から開演まではドリンクが安い、ということで調子に乗って飲む。開演前にして足元がふらつくというダメさに不安を覚えつつも、今回楽しみにしていたTHE SENSATIONSの物販へ。ヴォーカル氏がとても良い方でほっこりする。DJのおしゃれな音楽の中、知り合い連中に挨拶したりしつつ、開演。例によって以下は簡単な感想群。

THE WORLD PEACE。とてもまっすぐなエモ・バンドだった。eastern youthフラワーカンパニーズといった、(誤解を恐れないのなら)バンドで演奏するフォークソング、的なものを感じさせた。仕事の都合でライブができずにもどかしい思いをしていたらしく、感極まっていたものもあり、それがより演奏に説得力を与えていた、ように思う。

www.youtube.com

REAL SHOCKS MATTER。久しぶりに観たら専任のギターを加え4人編成になっていた。今回観るまではこのまま大きく音楽性が変わることはないかと思っていたのだが、新加入のギタリストとの化学反応が期待できるというか、これから凄いことになりそうだという予感をさせる、良いステージングだった。

www.youtube.com

NOT WONK。目当てのひとつというか、最近あまりにも騒がれているし周りも絶賛しかしないので、どれだけ凄いのか確かめてみたいというのがあった。結論から言うと、あまり伝わらなかったというか、面白くなりそうなところで終わってしまった。かなり人懐こい音を出す、懐の広いバンドだということはわかったので、もう一度観てみたいという気にはなった。

www.youtube.com

THE FULL TEENZ。なんだこのバンド名、と思って期待していなかったのだが、思い切り裏切られてしまった。最高。笑顔で奏でられるグッド・メロディと甘酸っぱい歌詞にすっかり虜になってしまった。ソングライティングが素晴らしいのも勿論だし、ライブ・バンドとしても文句なしの勢いがあった。現在進行形のパワーポップとして、お薦めしたい注目のバンドだ。EPとアルバムのカセットを物販で購入。

www.youtube.com

the hatch。相変わらず狂ったバンドだ。そこそこの数音楽を聴いているとそう気軽に変態だのなんだの言えなくなると思うのだが、このバンドに関しては文句なし。人類から半歩はみ出したようなカッコ良さに夢中になって観た。以前、KONCOSのTA-1氏が『北国の寒さに狂った電化マイルス』といったような表現をしていたのだが、この、言葉にしづらいバンドを表現するにあたりかなりいい表現だと思う。物販でダウンロードコード2曲入りのPHOTO ZINEを購入。

www.youtube.com

A Quiet Evening。the hatchの後、という非常にやり辛そうな手番ながら、相変わらずの安定した演奏と突き抜けた歌心でかっ飛ばす、すばらしいアクトだった。MCも泣かせるものだったが、帯広が誇る、誇れるバンドだな、と思い胸が熱くなる。この日の最エモ、だろう。

www.youtube.com

KONCOS。もっとなんというか、朗らかなバンドだという印象があったのだが、陽性が突き抜けて狂気になったようなパンク・バンドだった。曲のポップさ、『みんなのうた』ぶりに震える。後半ではTHE FULL TEENZのメンバーがサプライズでギターを弾いたり、The Zombiesのカバーをしたりという一幕もありつつ、ハイテンションにかっ飛ばして終了。楽しかったのだが、長丁場で少しばかりグロッキーに。

www.youtube.com

THE SENSATIONS。バンドとしてだけではなく、人脈、レーベル(I HATE SMOKE RECORDS)としても重要な存在だ。音楽的には、Hi-STANDARDRANCID化したような、SKAやロカビリーの要素の強いメロディック・パンク。あまりのノセ上手ぶりに、くたくたになるまで踊らされてしまった。MCでは「飯屋で例えると、チェーン店なんてひとつもない、化学調味料を使ってるような店もひとつもない、食べログにも載ってない、でもみんなウマい」といったようなことを言っており、周辺、独特のシーンについて面白い言及だなと納得。

www.youtube.com

toilet。やはりなんだかんだで何度も観ているのだが、観る度に面白くなっていく、いいバンドだ。予測不能ぶりには拍車がかかり、どんどんポップさだけは増していく不思議さがこのバンドの魅力だろう。時間が押しているからか少しばかりシンプルなステージングではあったが、楽しかった。

www.youtube.com

途中、DJが悪ノリして酔客とともにJ-POPのスタンダードを合唱しだしたり、そういったところも含め、最初から最後まで本当に楽しいイベントだった。出演者の全員にお礼を言って回りたいぐらいだ。翌日の札幌にも行けた人が本当に羨ましいし、そちらも最高だったのだろう。地元帯広が誇る、最高のフェス、だった。今から次回が楽しみだ。

はてブロキセキ

11/5、北海道COMITIA7の新刊その2。

f:id:conspiracy:20171027010221p:plain

Suvival Sickness Demo Tracks Vol.01

01.括弧仮
02.ロックフェス
03.ブギ・ウギ・ピアノを弾く女

音楽と百合と殺伐、をテーマに思いのまま書いた掌編が3作。
よろしくお願いします。

NHK-BSプレミアムにて放送されていた『東京JAZZ 2017』第三夜を観る。川口千里 Triangleはフュージョンリバイバル的でありながらきちんと現代の音を伝えるものだったし、『エスビョルン・スヴェンソンの見た夢の向こう側』とでも言うべきGoGo Penguinは未来を感じさせたし、あとやはりOMSBが客演した山下洋輔の「寿限無2017」が圧巻。ムラがあると感じる東京JAZZの特番なのだが、ここまで良い回もそうないのではないだろうか。再放送があればぜひ。

DLsite.comでやっているえろげのセールコーナー、

思わず買い直しそうになってしまった。『Forest』は英国児童文学、『霞外籠逗留記』は泉鏡花を始めとした日本近代文学ファンに特に勧めたい。11/8までとのこと。

崎愛生、結婚。単純にめでたいな、と思う。これからも変わらず僕らのロックスター愛生ちゃん、であってほしい。祝福あれ。

日のアルバム。

Third Planet

Third Planet

 

スフィア『Third Planet』

日本のアイドル声優ユニットによる3枚目のアルバム。2012年発表。豊崎愛生のベスト盤と迷ったのだが、おそらく自分の中で一番聴いた豊崎愛生関係のアルバムだと思うので。というわけで本作だが、おそらくスフィアのアルバムで一番、ストレートにパンチのある作品、だろう。パンキッシュなオープナー「LET・ME・DO!!」に始まり、nano.RIPEのヴォーカルが作詞した「Hazy」のようなオルタナ・バラードを挟みつつもクローザーの「GO AHEAD!!」まで、基本的に景気よくかっ飛ばす楽曲群が心地よい。そして歌詞の内容はというと『スフィアと聴いているみんなで高め合えたら宇宙の果てまでも行けるよ』みたいな、METALLICA「Battery」ばりの内容が中心になっており、相変わらず体育会系だな、と思わされるそんな中で、リスナーにそっと寄り添うようなエレポップ「Feathering me, Y/N?」の歌声がより沁みる。全体的に、わかりやすい恋の歌、というのが見当たらない分、広く友情や自己鍛錬を歌ったものが多いのだが、それでもどこか暑苦しくなりきらないというか、風通しの良さが魅力だ。全12曲54分弱、詰め込みがちなオタク音楽業界に於いて適切な曲配置とスピード感、コンセプトを保てた良作なのではないだろうか。声優音楽に興味はあるけど脂っこいのはちょっと、みたいな人にもお勧め。あとこの時期にやっていたスフィア主演のTVアニメ『夏色キセキ』も隠れた名作なので全員観るように。

はてブロのロックンロール

回11/5の北海道COMITIAにサークル参加できることとなったので、ラジオを更新した。

note.mu

どちらかというと雑談が中心になってしまったが、聴いてくれると嬉しい。

事入稿。というわけで11/5発売の新刊の告知をする。

f:id:conspiracy:20171010223620p:plain

『CONSOMME CUBE Vol.02』

ポルノグラフィティ全オリジナル・アルバム・レビュー(前編)
水玉さがし全音源レビュー
Spotifyで聴けるシェフの気まぐれプレイリストVol.02『魔法検定シリーズ・イメージサウンドトラック』
・ゲームレビュー:『Gunpoint』、『Salt and Sanctuary』
・ブックレビュー:森田季節小山鹿梨子『ノートより安い恋』、東雲佑/輝竜司『図書館ドラゴンは火を吹かない』、大間九郎/ヤスダスズヒト『ファンダ・メンダ・マウス』
・エッセイ:『夢の樹に住めたなら、とは思わないものの』
・詩:『豊穣』

前号から価格は据え置きでページ数は1.5倍。よろしくお願いします。

広のSalon斎藤亭というところで行われたオオフジツボ(バンド名)のライブに行ってきた。いちおうケルトを中心としたアコースティック・ユニットということなのだが、プログレ的でもあり、ニューエイジ感もありとジャンル分けしづらい魅力を持っているなと感じた。メンバーがほぼそっち系だということもあり、どこかJ-RPGのフィールド音楽を想起させるのだが(そういった音楽のファンは必聴だと思う)、凄腕の三人による確かなヴィジョンを持った演奏は、まるでファンタジー世界そのものに連れて行かれるようだった。zabadak『宇宙のラジヲ』にも収録されている「秋霖」、オオフジツボとリタ名義でも録音されていた「凪の旅路」、言わずと知れた「リベルタンゴ」のカバーといった辺りが聴けたのが特に嬉しかった。会場もすてきだったが、この集客の多さでは次はきちんとしたホールなどになるのだろうか。何にせよ賑わって欲しいものだ。

www.youtube.com

日のCD。

Ska Me Crazy: The Best of Tokyo Ska Paradise Orchestra

Ska Me Crazy: The Best of Tokyo Ska Paradise Orchestra

 

東京スカパラダイスオーケストラ『Ska Me Crazy: The Best of Tokyo Ska Paradise Orchestra

日本のバンドによる英Cherry Redレーベルから出たベスト・アルバム。2005年発売。『FULL-TENSION BEATERS』、『Stompin' On DOWN BEAT ALLEY』、『HIGH NUMBERS』と三枚のアルバムを中心に、コンピレーションの楽曲や未発表ライブなども収録した作品ということだが、特別に今作を聴かなければいけないわけではない。一枚ということなら『FULL-TENSION BEATERS』かその当時のライブ盤『GUNSLINGERS』を薦めるし、残りの二枚も名盤なのでアルバム単位で聴いてみてほしい。とはいえ、ユーロ・ツアーの予習用として編まれたであろうインスト中心の選曲はなかなか国内の編集盤にはない味がある(先日の武道館で口火を切った「The Movin' Dub (On The Whole Red Satellite)」など渋い)し、ライブを切り取ったジャケット写真のアートワークも格好良い。単純にこの頃の初心者向けベストというなら『BEST OF TOKYO SKA 1998-2007』があるが、スカパラのよりディープな魅力というか、『ロック』バンドだった頃のスカパラをうまく切り取ったものなので、もし見かけることがあったら一度聴いてみてほしい。繰り返しになるが、CDで持っていたくなるアートワークでもあることだし、お薦めだ。

www.youtube.com

はてブロでいちばんの美女

不定期更新中のラジオ、第二回放送で『次回の北海道COMITIAには参加しない』と告知していたのだが、出られることになった。

note.mu

一時創作結婚百合小説『狐の嫁入り』は原稿を早めに完成させるとして発表は来年へ持ち越し、しかし今年中に凍結していた『リビングデッド・ユースカルチャー』と、もうひとつ連載作品をネットに上げる、予定だ。と書いたからには、有言実行でありたい。

最近の、保険とかの店先にデカいぬいぐるみを置いておく戦略はずるいとしか言えない。どいつもかわいいんだこれが。

今週のお題「読書の秋」ということで、書いてみる。何度か書いている通り、電子書籍環境を整えているのだが、試しに『小説家になろう!』をスマートフォンでも縦書きで読めるようにしてみた。改めて、無料でこれだけのコンテンツが充実しているということに戦慄する思い。『ノクターンノベルズ』なども読めるし、そちらにも書籍化作品があるとのことで楽しみだ。

TSUTAYAディスカス定例報告プラスアルファ。bloodthirsty butchersbloodthirsty butchers』(米BACTERIA SOUR盤。初期もまた気合いの入ったポストハードコアで非常に格好良い)、Face to Face『シュート・ザ・ムーン~ジ・エッセンシャル・コレクション』(米エモ寄りパンク・バンドのDVD二枚組日本盤。現役時代のラストライブを収録)、そして旧作DVD単品レンタルが14枚。

・GALACTiKA Vol.1,2,3,4,5,8,9
FOE『FOETUNES ~雷舞@FREEDOMスタジオ~』
ナンバーガール『騒やかな演奏』
・V.A.『ROCK魂! ~エモーショナルロック編~』
渋さ知らズ『ALL OF SHIBUSA』
ムーンライダーズ『"The Postwar Babies Show"』
ムーンライダーズ『マニアの受難』
・V.A.『ソングス・フォー・カサヴェテス』

音楽DVDばかり借りてみた。音楽の映像作品はレンタル禁止が多いはずなのだが、意外と揃っているものだ。

今日のCDは休み。