読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

はてブロ家のたのしい旅行 新婚地獄篇

筆作業などもあり、更新が遅れてしまった。その間に更新した北コミ5の新製品等についてはBOOTHを参照していただきたい。

survivalsickness.booth.pm

海道COMITIA5(参加者、特にお会いできた方々お疲れ様でした)のために札幌へ。せっかくなのでその話を書こうと思う。

11/13。朝5:00という殺人的な出発時間のために3:30に起床し、4:00には帯広駅前へ。バス内は快適で、chikyunokiki『BALL』を聴きながらうとうとしていたら南千歳駅へ。特急に乗り換え、札幌駅。サークル入場までには時間があったため、先に中島公園の宿へと荷物を置き、北コミ会場へ。

北海道COMITIA5、いつもより小物/アクセサリー類のサークルが多い印象がありつつ、友達の奥方や妹などへの贈り物としていくつか買い、自分ではイラスト集、百合や少女漫画風の漫画などを買う。いつもよりは買い物できたと思うが、いつかゆっくりと回りたい。それはそれとしてスペースへと訪れてくださった皆様に重ねて感謝の念を。ありがとうございました。

閉会後はアフターに参加せず、友人M氏と音楽話をするためタワレコへ。リーガルリリー、小鳥美術館、市川紗椰といったCDを買い、その後喫茶店へ。ひたすら乃木坂ちゃんとSKEの話をした。帰ったら乃木坂ちゃんのドキュメンタリーを観なければと決意。

友人はDir en grey『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ______ [mode of 鬼葬]』札幌公演を観に行くというので別れ、夕食。無性に『みよしの』の餃子カレーが食べたくなったのでそうした。レギュラーだと小盛りのカレーに餃子が3個乗っているという、300円程度のB級ファストフードなのだが、どうにも癖になる味だ。たとえば道外から観光に来た人間に薦めるような、いかにも外行きの味というわけではまったくないのだが、ソウルフード感があり、よく世話になっている。

宿に戻ると、喫茶を兼ねたロビーで宿泊客たちが談笑していたため混ぜてもらう。普段はあまりそういうことをせず寝に帰るだけなのだが、妙に盛り上がってしまった。特に名前も知らない、方々から来た旅人たちと他愛のない話を交わす。そのうちアルコールも入り、ちょっとした酒盛りのようになった。ゲストハウスならでは、なのだろうか。不思議な感じだ。

就寝。

11/14。コーヒーとトーストの朝食、のち、待ち合わせ時間までロビーの主と化し他宿泊客と雑談をして過ごす。

昼は『魔法検定』シリーズでイラストを担当してくれたうたかたさんと合流。ランチはイタリアンの店でピザを頼むも若干重い。アニメイトや書店などを流しつつ、バイトの時間だというので別れる。しばらくは難しいかもしれないが、また共同作業をしたい、といった話をする。

夕刻。ピザが効いているのか、体調が今ひとつだったものの、とりあえずTSUTAYAレンタルをひやかし(郵送返却しようか迷った)、結局はいつも世話になっているオタク通り端のブックオフへ。セール棚CDを漁っているうちに気力も概ね回復し、BLUE TONICやモダンチョキチョキズなど地味に探していたアルバムを10枚ほど買う。

宿に帰ると再び酒盛り。食欲は戻りきっていなかったためコンビニの豚汁と味付ゆで卵で済まし、缶ビールをごちそうになる。名前も知らない人に「おかえり」を言われるのは繰り返しになるが不思議な感じだ。

就寝。

11/15。前日と概ね同じ朝。ファンキーで愛すべき名も知らぬ友人達に後ろ髪を引かれつつ、出発。縁があればどこかで逢うこともあるだろうか。

特に寄り道もせず、土産だけを買い南千歳の駅へ。少し早く着きすぎてしまい、イヤフォンで音楽を聴きながらただぼんやりと過ごす。昨日ブックオフに寄ったのだから一冊ぐらい暇つぶしの本でも買ってくれば良かったな、とこういう時になって思う。昼食はキオスクのサンドイッチ。

バスで帯広駅へ。最近はこういう時に木箱『hometown』をよく聴いている。駅からさらに乗り換え、自宅へ。入浴し、就寝。

以上、余りにざっと流して書いてしまったが、とても楽しい旅行になった。次もまた来札は北コミだろうか。楽しみだ。