読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

世界にははてブロしかない

このところの私事でだいぶ間が空いてしまった。

週のテーマ『買い物』ということで書いてみる。最近、ストレス発散の買い物がひどい。いきなり500円前後のCDを20枚ほど勢いで買い込んだりする。満足感はあるのだが、どこかで歯止めをかけなければ。

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

11/13(日) ホテル札幌芸文館にて行われる『北海道COMITIA5』にサークル『Survival Sickness City』として参加する。サークルスペースは『J03』。予告通り、『おわらない、e.p. 甲種魔法取扱者』を持って行く、予定だ。(現在制作中)

f:id:conspiracy:20161014041326p:plain

(表紙画像)

画『アイドルの涙 Documentary of SKE48』を観る。48Gのドキュメンタリはこういつも、胸をぎゅっと締め付けてくるものが多く、体力を使うのだが、それでも観て良かったな、と思う。後半の駆け足が勿体ない、とは思ったが、Team KIIの「おまたせSet list」をはじめ、いくつも見所のあるいい作品だった。

イドルつながり、というわけでもないのだが、平尾アウリの漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を読む。絵柄からもっとシリアスな話かと思っていたのだがわりあいシュールギャグ、かつ柔らかい百合風味の漫画で楽しい。何より作者によるアイドル文化への理解というか、もっとぶっちゃけると『オタクにはアイドルがこう見えている』という描き方が完璧すぎる。いい漫画だ。

坂46主演『徳山大五郎を誰が殺したか?』を最後まで鑑賞する。最高、としか言いようがなく、内容に触れるとどうしてもネタバレがひどくなってしまう。てちの最高さは「サイレントマジョリティー」PVの時点で感じていたが、ベリカ、ベリサ、ねるといったメンバーにもかなり惹かれた。

画『ハーモニー』を観る。賛否両論の激しい作品だが、支持したい。言いたいことが無いわけではないが(特に主題歌は酷い)、とにかくミァハ役の上田麗奈を中心に役者の演技に圧倒された。

日のCD。

Emiko & KiriSute Gomen『Syohatto』

フランスのバンドによる1stアルバム。2015年発表。これは強烈。三味線(三線)、エレキギター、ドラム、女性ヴォーカルという編成で日本の民謡や歌謡曲をポストパンク調にアレンジして聴かせるアルバム。という時点で大概なのだが、そのセンスの良さ、特にユーモアに関しては満点をあげたい。『笑点』のテーマで幕を開け、「おてもやん」、「嵐を呼ぶ男」、「会津磐梯山」、「ずいずいずっころばし」といったお馴染みのナンバーをひょうひょうとカバーしていく。ヴィジュアル面も含め、日本では描けないジャパンクールを体現するユニークなバンド、なのではないだろうか。ユニーク。

www.youtube.com

ライブも最高。