読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

君のはてブロは。

週のお題「プレゼントしたい本」ということで書いてみる。先日、ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』(訳:野崎歓)を贈り物とした。気を遣わないプレゼントとして文庫本と廉価CDは優秀なのでよく使っている。何より、選ぶのが楽しい。

画『君の名は。』を観る。十二分に楽しめたが、良い映画なのか、とか好きか、と言われると難しい。とてもインスタントな快楽を得たような気分であり、けれど今作はそれでいい、ようにも思う。どうしても色々と考えてしまうが、決して否定はしない、といったところ。

日のCD。

Layer

Layer

 

chikyunokiki『Layer』

日本のバンドによる1stアルバムとリミックス盤を合わせたもの。2013年発表。先日購入した新譜に衝撃を受け、慌ててこちらも購入したのだが、良かった。初のフル・アルバムということでまだ試行錯誤の痕跡が残っていたり、もっと単純に3年前の最新、を感じさせるようなところであったり、荒削りではあるのだが、それでもやはり面白い。ジャケットから想起するようなパルス/ノイズの扱いだとか、「ひきかえる」のような青臭い、と言っても良いうたものエモ・ロックは今作ならではのものであろうし、この時点で十二分にユニークだ。2ndでも多いと感じたインストの比率はさらに多く、Remix盤(こちらもすばらしく、単品でも売れたであろうクオリティ)が同梱されているように、実験的な素材、としても(決して悪い意味では無く)刺激的なのだと感じた。全体的に、やはりお薦めするのは次作『BALL』(タワレコ限定ではあるが)になるのだが、今作もユニークであって面白く、見かけたら買えば良い(たとえば、リミキサーに気になる名前があるとかでも)し、バンドの、次作の副読本としてもより深い理解を引き出してくれ、単純に音そのものが思索向きのものでもある。良作。

www.youtube.com