読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

はてブロレジデンス

タリア産の漫画、パオロ・パリージ『コルトレーン』を読む。タイトル、そして表紙の通りJohn Coltraneについて描かれたもの。すばらしいセンスだが、爆発してしまうことなく、きちんと抑制されているのは見事と言うほかない。実在の人物を描くにあたり、理想的な筆致ではないかと思う。短く、少々高価な作品ではあるが、何度も読み返して感性を研ぎ直すのにちょうど良い作品だろう。大谷能生の解説もすばらしく、あらためてコルトレーンの録音についてきちんと聴き返そうと思った次第だ。

コルトレーン (ele-king books)

コルトレーン (ele-king books)

 

しい。藤島康介『パラダイスレジデンス』が3巻で完結。半永久的に、それこそライフワークになって良い、最高の漫画だった。技巧とセンスの極致であり、ポスト『ひみつの階段』としてもっと評価されて然るべきすばらしい作品(含ノベライズ)だ。同時に買ってきた玉置勉強『親父の愛人と暮らす俺』も同じく3巻で完結してしまった。すっかり漫画というものを読む気を無くすほどの衝撃。

画『赤xピンク』を観る。今からちょっとどうかという発言をさせてもらうが、女性同士の殴り合いが好きだ。イダタツヒコの漫画に『美女で野獣』というものがあり、僕のバイブルとなっている。今作もそれを期待してみたのだが、半分ぐらいは女性性の生き方、にまつわるセンシティヴなテーマが支配しており、そういったものを描くには題材そのもの、ならびに演出に少しばかり無理があったように思う。とはいえ格闘や暴力にはなかなかの迫力があったし概ね満足している。優等生的ないい映画とはとても言えないが、なかなか好きだった。

日のCD。

POTSHOT BEAT GOES ON

POTSHOT BEAT GOES ON

 

POTSHOTPOTSHOT BEAT GOES ON』

日本のバンドによる7枚目のフルアルバム。2005年発表。知人から「POTSHOTのラスト作はいい」と薦められていてずっと探していたのだが、見つからずに結局amazonで注文した。日本を代表するスカパンク・バンドというのが一般的なイメージだろうし、僕もそう思っていた。しかし解散後にフロントマンであるRYOJIがTHE LAST CHORDSを引き連れネオモッズ風のポップパンクへと舵を切ることになる、その片鱗が現役時代のラスト・アルバムとなった今作ですでに現れていた。それまでの性急なビートではなく、オールド・パンク由来のグルーヴ感を身に付けつつも、SKAのリズムはギリギリ残っている、という絶妙のバランス。おそらくはこの音楽性に先は無かったのだろうし、実際に解散してしまっているわけだが、アルバムそのものはよく出来ており、なおかつ非常にユニークなものだ。正直に言ってしまうと僕は(特に国内の)スカパンクにもオーセンティック・スカにも興味が殆ど無く、スカパラさえ居ればいいという過激派なところがあるのだが、今作に関しては認めざるを得ない。需要としてはパワーポップのファンが一番なのではないかとも思うが、刹那的な魅力を放つ優れたロック・アルバムとして、広く聴かれて欲しいと思う次第だ。

日のCDその2。

Live Consternation (W/Dvd)

Live Consternation (W/Dvd)

 

Katatonia『Live Consternation』

スウェーデンのバンドによる2006年のライブを収録したアルバム。同内容のDVD付き。僕の一番好きなメタルバンドとなるとおそらくKatatoniaになる。初めて聴いたのは確か2003年作である『Viva Emptiness』だったと思うが、正しく北国が育んだ虚無。といったサウンドに勝手に共感し、一気に好きになった。スタジオ録音を聴く限り純粋なメタルというよりもエモコアであるとかオルタナティヴ・ロック的な印象が強かったのだが(Jeff Buckleyなどをカヴァしていたりもするのだし)、今作で見せる表情は正しくメタルのそれであり、見た目/演奏ともにいかつい。しかし繊細な負の感情を叩きつけるかのように歌うシンガーの色がやはり独特で、このバンドの魅力は声によるところも大きいなと再確認した。個人的にはメタル色を強めていく『The Great Cold Distance』以降の時期はそれ以前と比べてしまうと思い入れが薄くなってしまうのだが、やはりこのヴォーカルは好きだし、それだけで好意的に聴いてしまう。話がずれてしまったが、ライブ盤としてバンドのポテンシャルを示すには十分以上の盤であるし、この時期の選曲としてもかなり良いものだと思う。初めてこのバンドに触れるのであればやはりスタジオ盤、出来れば90年代のものをとは思うが、今作でも問題は無い。お薦めだ。