読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚空の黙祷者

クローカ/黒岡衛星の日記帳

はてブロ・オブ・ディスコティック

邪をひいた。この冷えはもう秋のものなので、バカがひくという夏風邪ではない……と思い込むことにする。

タヤディスカスからの定額レンタルCDを2回分まとめて。Egberto Gismonti『Saudacoes』、PIZZICATO FIVE『女王陛下のピチカート・ファイヴ』、THE SQUARE『LUCKY SUMMER LADY』、Ry Cooder『Jazz』。そして旧作レンタル無料(送料のみ)で、

・センチメンタル・シティ・ロマンス / シティ・マジック
・センチメンタル・シティ・ロマンス / センチメンタル・ライヴ
・センチメンタル・シティ・ロマンス / 歌さえあれば
・センチメンタル・シティ・ロマンス / SMILING
・センチメンタル・シティ・ロマンス / DANCING
・センチメンタル・シティ・ロマンス / はっぴいえんど
・センチメンタル・シティ・ロマンス / リラックス
・センチメンタル・シティ・ロマンス / なごやかに なごやかに
・センチメンタル・シティ・ロマンス / 夏の日の想い出
・センチメンタル・シティ・ロマンス / やっとかめ
中原麻衣 清水愛 / Chronicle
國府田マリ子 / ビタミンぱんちっ!
國府田マリ子 / 僕の宝物
國府田マリ子 / 音いろえんぴつ ~十二色~
・村上ゆき / 1ミリのキセキ
PIZZICATO FIVE / PIZZICATO FIVE

が届く。さらに今回は近所のTSUTAYAがCDレンタル旧作半額だったため、

・amazarashi / 千年幸福論
・amazarashi / 夕日信仰ヒガシズム
・amazarashi / あまざらし 千分の一夜物語 スターライト
・Aimer / Bitter & Sweet
・Aimer / Sleepless Nights
・Aimer / Midnight Sun
・Aimer / After Dark
・back number / 逃がした魚
・back number / あとのまつり
・back number/ スーパースター
・back number / blues
・back number / ラブストーリー

を借りてくる。前にも書いた気がするが、僕は何をこんなに生き急いでいるのか。

崎愛生『2nd concert tour 2013 letter with love』Blu-rayを鑑賞する。このツアーに関しては大阪公演を観ているのだが、やはり素晴らしく、圧倒的。『表現者豊崎愛生』の大きさ、懐の深さと、それを十二分に伝えることの出来る楽器隊。「CHEEKY」から始まるセットリストも攻めていると言って良いし、「フリップ フロップ」など、DTM色の強い楽曲のライブ・アレンジは凶悪と言えるほどの格好良さ。彼女とそのバンドはライブでこそ本領を発揮する存在であろうと思うので、いずれライブ盤などをCDでも作ってもらいたいと思う。